消費者金融と銀行の違い

私たちが借金をする場合、消費者金融で借りるという人もいれば、銀行から借りるという人もいます。一般的に考えると銀行のほうが母体も大きいですし経営も健全と考えられますから、安心してお金を借りることができる気がします。しかし、実際には銀行からでなく消費者金融からお金を借りる人もたくさんいます。なぜなら、銀行には銀行のメリットがあり、消費者金融には消費者金融なりのメリットがあるからです。
銀行と消費者金融の異なる点として、お金を借りるときに担保や保証人が必要かどうかというポイントがあります。一般的に、銀行ローンでお金を借りるときには担保や保証人が必要になります。一方、消費者金融の場合は担保も保証人も必要ありません。当然ながら担保や保証人が必要な銀行ローンのほうが貸出条件は良くなり、消費者金融と比べて金利も安いですし、貸出上限額も高くなります。ただし、最近は銀行でも担保や保証人が必要ないフリーローンと呼ばれるサービスも始まっていて、銀行と消費者金融の明確な差はなくなってきているのが実情です。
こうなると消費者金融を利用するメリットが内容に感じてしまいますが、実際にはそんなことはありません。というのも、消費者金融は審査基準が銀行よりも低めに設定されているため、信用力がそれほどなくても借りることができるからです。また、必要なときに即時に融資に応じてくれるというメリットもあります。借金しなければならない人は緊急性が高いことが多いので、やはり即時に融資に応じてくれるというのは非常に重要なことです。
また、消費者金融は申し込みや返済の方法がいろいろと選べて、利便性が高いというメリットもあります。銀行の場合は窓口に出向いて申し込みを行うのが一般的ですが、消費者金融の場合はオンライン申し込みや無人契約機での申し込みなど、忙しくて時間が取れないという人でも手軽に利用することができます。また、返済方法も多様なため、現在の多様化するライフスタイルにも十分に対応しているという点でもポイントが高いと言えます。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>

WordPress Themes