お金を借りる前に確認すべきこと

消費者金融や銀行などの金融機関から融資を受けるときには、しっかりと情報を集めることが重要になります。たとえば、お金を借りると元金以外に金利分の返済も併せて行う必要がありますから、「どこの金融機関を利用すれば金利を低く抑えることができるのか」といったことや、「自分がお金を借りた場合にどのくらいの利息を支払う必要があるのか」といったことについて事前に確認して置きましょう。
また、借入限度額についても確認をしておきましょう。借りることのできる金額の上限は金融機関によって異なります。一般的に銀行は審査が厳しい分、震災に通過することが出きれば多額の融資を受けることができますが、一方で消費者金融の場合は低く抑えられてしまうことが多くあります。銀行では100万円から500万円くらいは借りることができますが、消費者金融を初めて利用する場合には最高でも50万円程度となります。
ただし、利用状況によっては限度額は大きくなることがあります。最初は50万円しか借りることができなくても、毎回滞納することなくしっかりと返済を続けていれば80万円、100万円というように多額の融資を受けることが可能になります。
また、融資上限額は借り手の返済能力によっても異なります。毎月の収入が多く可処分所得が多い人場合には限度額が大きくなりますし、収入の少ない人は返済能力に乏しいと判断されるため上限額が低くなります。
例外として、例え収入が多い人でも貸出限度額が低くなってしまう場合があります。それは総量規制に引っかかる場合です。総量規制とは改正貸金業法の施行によって新しく定められた規則で、「年収の3分の1を超える融資をすでに受けている人は、新たに融資を受けることができない」というものです。
つまり、どんなに年収の多い人でもすでに年収の3分の1に当たる金額を借り入れている場合には、新たに融資を受けることができないということになります。現在借り入れをしている人は、新たにお金を借りる際には借入残高がどのくらいあるのかをチェックしてみましょう。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>

WordPress Themes