消費者金融とクレジットカードローン

お金を借りるときに一般的に利用する金融機関には、銀行や消費者金融の他に信販会社という選択もあります。信販会社のクレジットカードローンは銀行や消費者金融でお金を借りるのとは少し手順が異なるので、利用には注意が必要です。
というのも、銀行や消費者銀行でお金を借りる場合には最初に必ず審査を受けて通過する必要があります。借り手が融資の申込をすると、銀行や消費者金融では申込者の属性情報(年齢・性別・職業・収入など)や信用情報(他の金融機関から借入をしていないか、また借り入れをしている場合にはどのくらいの金額を借りているか)といったことを審査し、融資するかどうかを決めます。また、属性情報や信用情報の評価の高低によって貸し出す限度額を決定します。
一方で、クレジットカードローンでお金を借りる場合には、貸し出し目的のためだけに審査を行うことはありません。クレジットカードの場合は、カードを作るときにすでにキャッシングに関する審査が行われています(ショッピング専用カードの場合は行われません)。クレジットカードにはカード作成時にすでにショッピング枠とキャッシング枠が設けられているので、借り手はクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りることになります。
ですから、キャッシング枠の設定されたクレジットカードを持っている人ならば、新たに審査の申し込みなど行う必要なしに、あたかも自分の口座からお金を引き出すような感覚でATMから融資を受けることができるというわけです。お金が必要なときに即時に借りることができるので非常に利便性が高いといえるでしょう。
ただし、クレジットカードローンのり用にも注意が必要です。上記のように他の方法と比べて簡単にお金を借りることができるため、借金をしているという感覚が希薄になり、ついつい借りすぎてしまうことがあります。安易に借金をして返済が遅れがちになると信用情報にキズが付いて、次に新しいクレジットカードを作ろうとしたときに審査に通りにくくなることがあるので注意しましょう。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>

WordPress Themes